2008年05月04日

20.親会社、子会社、関連会社等に対する諸項目(親会社、子会社、関連会社等との取引)

取引記録の監査手続

 親会社、子会社若しくは関連会社等との取引、役員、主要株主若しくはそれらの親族が議決権の過半数を直接若しくは間接に所有している関係にある会社との取引又は取締役総数の過半数を派遣し、かつ、継続的な取引を有する関係にある会社等との取引については、関係事項を照会して文書による回答を求め、必要に応じて当該会社に往査し、その処理の妥当性を確かめる。

財務諸表項目の監査手続

 親会社、子会社、関連会社等に対する諸項目については、関連事項を照会して文書による回答を求め、必要に応じて当該会社に往査し、売上高、仕入高、売上債権、貸付金、投資等の重要な勘定につき、残高の妥当性、回収可能性等を検討し、買入債務、借入金等の重要な負債項目については、これらがすべて計上されているかどうかを確かめる。


posted by 小石川経理研究所 at 13:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。