2008年05月04日

17.仮勘定

取引記録の監査手続

 仮払金、仮受金等の仮勘定が設けられている場合には、その増減の多額なものについて証拠資料を調査し、その処理の適否を確かめる。

財務諸表項目の監査手続

 仮勘定については、勘定分析等により、勘定科目又はその金額が決算日において未確定のものであるかどうかを確かめる。


posted by 小石川経理研究所 at 13:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。